わきがを治療しよう!

わきがをはじめとした体臭{わきがの他に、加齢臭(オヤジ臭)、疲労臭、ダイエッット集など}や口臭、足の臭いや頭皮、陰部等の臭いの悩みはとても深刻です。特にわきがの方は気にしすぎるあまり、かなりのストレスがかかります。ここでは、そのわきがの原因から治療や予防法についてご紹介致している。「わきが」についての知識を深めて頂きたい。

スポンサードリンク


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |わきがを治療しよう TOPへ|
ワキガ(わきが)の原因
ワキガ(わきが)とは、別名「臭汗症」あるいは「腋臭症」とも呼ばれていて、ワキの下にあるアポクリン腺という汗腺が活発に働くことが原因で、そこから異様な臭いを放つ症状をいう。日本人の場合は10〜20 人に1人程の割合でいると言われている。 注意すべきは「ワキガ(わきが)」と「汗臭い」は根本的に全く異なるという点である。ここでは「ワキガ」の原因・特徴を紹介します。

◇耳垢が湿っている
耳垢が粘々した湿っぽい場合は、90%程度の確率でわきがであると言われています。これは外耳道に多くのアポクリン腺があり、わきの下にも多くのアポクリン腺があることが予想できるからです。

◇下着のわきの部分に黄色いしみがつく
白い下着などを繰り返し着ているとわきの部分が黄ばむ場合にも、わきがである可能性が高いです。アポクリン汗腺からの分泌液に脂肪やタンパク質、鉄分、色素などが多く含まれているため、黄色いシミができやすい人は、アポクリン汗腺の分泌量が多いと考えられます。

◇家族にわきがの人がいる
親がわきがである場合、3割程度の確率で子供にわきが体質が遺伝すると言われています。祖父母がわきが体質である場合にも遺伝は起こる可能性はありますし、両親がともにわきが体質なら片親がわきがの場合よりも高い確率で遺伝するようです。

◇わきの下の毛が多い
わきが体質の人の多くは毛深く、1つの毛穴から2〜3本の毛が生えている人もいます。また、毛が多いことはその分毛穴も多いのでアポクリン線も多い傾向にある様です。さらに、毛が多い人はその分雑菌が繁殖しやすいのも原因のひとつといえます。女性の場合ワキ毛が太ければわきが体質の傾向、男性の場合は柔らかく細い毛の人がわきが体質の傾向のようです。

◇わきの下によく汗をかく
気温や精神・身体状態に関係なく湿っている場合が多いのもわきがの特徴のひとつです。汗は粘り気が強い。

◇肉料理や乳製品が好き
肉類や乳製品を多く食べると、アポクリン腺からの分泌物に、臭いの原因となる脂肪成分が増えると同時に、皮脂の分泌も過剰になるため、わきがの原因となり臭いが発生します。

◇わきが・体臭の原因◇
わきがの一番の原因となるのはアポクリン線ですが、その他の分泌腺の中にもわきがの原因となっているものがあります。

・わきがの原因-アポクリン腺
わきがの原因であるアポクリン腺 は、ワキの下をはじめ乳輪、へその周囲、外耳道、外陰部、肛門の周囲など限られた部分にのみ分布しており、毛穴と直結しています。 アポクリン腺から出る汗の成分は、脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・尿素・アンモニアなどで、汗といっても粘り気のある乳白色がかった液体です。分泌される汗自体はほとんど臭いませんが、空気に触れると変質しやすい性質があり、皮膚表面の細菌によって分解されると独特の臭いを発するようになります。普通アポクリン腺は、ホルモンの関係上、思春期にいくらの粒くらいの大きさに発達し老年期に小さく衰えて行きます。したがって中学生頃からわきがは最も多く発生します。

・わきがの原因-エクリン腺
エクリン腺 はほぼ全身にくまなく分布しており、体温調節などの役割もあります。ここから出る汗の主成分は、塩分を含んだ水です(水:塩= 99 : 1 )。エクリン腺からの汗は、アポクリン腺の汗の臭いを広がらせる役目を果たしています。

・わきがの原因-皮脂腺
アポクリン腺と同様に毛穴と直結し、皮脂を分泌して皮膚が乾燥するのを防御しています。この皮脂腺分泌物に含まれる脂肪酸が雑菌と混ざり合うと、わきがの臭いを強め、さらに衣類や下着のワキの部分に黄褐色のシミなどが付着するようになります。

| わきがの原因 |わきがを治療しよう TOPへ|
ワキガ(わきが)の治療
ワキガ(わきが)の治療法には内科的な治療法と外科的な治療法がある。

◇ワキガ(わきが)の内科的な治療法
まず、内科的な治療法についてですが、食事療法や生活習慣の改善などがあるが、
効果としては、あまり期待できないのが現実です。
その理由はワキガの臭いの原因であるアポクリン汗の量を直接どうこうできないからです。

・食事療法
脂分の高い食事を取らずに野菜食中心に変える
香辛料の強いものを控える。

・生活習慣の改善
こまめにシャワーを浴びる
消臭剤や制汗剤を使用
通気性のよい下着をつけてむれないようにする

◇ワキガ(わきが)の外科的な治療法

・ボトックス注射
ボトックスは主にエクリン汗腺に付随する自律神経にはたらいて、汗を一定期間抑えます。汗の量を抑えることにより、汗の拡散を防いで結果的または副次的にわきがの臭いも抑える作用がある。
両ワキの有毛部全範囲に、最も痛みの感じにくい細い針で一定単位のボトックスを注入する方法です。アサミ式注入法では注入ムラがなく、注射時間は両方で1分程度です。
わきが・多汗症に対しては、手術の方が効果があるか同程度の効果が期待できる。ボトックス注射には 個人差があるが、2〜5日後に効き出し、約3ヶ月から8ヶ月もの間制汗作用が持続する。

・電気凝固法
ワキガの症状は比較的経度の人向けの治療法です。針を刺して高周波電気凝固機器と絶縁針電極を使用してアポクリン腺を凝固させ、その機能を抑えます。同時に毛根も破壊するので永久脱毛もできる。

・手術
ワキガ(わきが)の手術には、色々な種類がある。
主なわきが手術
削除法、煎除法、吸引法、超音波法、マイクロリムーブ法
| わきがの治療 |わきがを治療しよう TOPへ|
ワキガ(わきが)の手術
ワキガ(わきが)治療の中で最終手段となるのが、皮膚を切ってアポクリン腺を除去するワキガ(わきが)手術で、一般的にはこのワキガ手術が最も効果があるといわれている。ただし人によっては手術の傷跡が目立ったり、ワキガが再発したりする可能性もあるので、わきが手術には慎重な判断が必要です。

・ワキガ(わきが)の手術治療-皮下組織削除法
皮膚の一部を切開し特殊な器具を挿入して、患部を剥離させて取り除く方法で美容外科では一般的に行われている。ただし術後に厳重な圧迫が必要であるなど、多少、苦痛を伴うともいわれている。

・ワキガ(わきが)の手術治療-煎除法
わきの下の皮膚のシワに合わせ3〜4センチの切開を一ヶ所ないし二ヶ所入れ、皮膚を裏返してアポクリン腺をハサミで切り取ります。医師の技術次第では、アポクリン腺の完全な除去も可能で、再発は少ないとされています。ただ傷跡の大きさや術後の安静期間の長さなどデメリットもある。

・ワキガ(わきが)の手術治療-皮下組織吸引法
ダイエットなどで行われる脂肪吸引と同じように吸引器や吸引管でアポクリン腺を吸引するわきが手術方法。傷跡はほとんどなく痛みも少ないこと、手術に時間がかからず、比較的安価で可能なことがメリットです。ただし完全に除去されたかどうか確認できないため、ワキガ再発の可能性が高い。また、多汗症の人には効果がないと言われている。

・ワキガ(わきが)の手術治療-超音波法
ワキガ手術で近年注目されている最先端の手術法が超音波治療法です。超音波治療法は、その名の通り、超音波を利用して、わきがの直接の原因であるアポクリン腺をはじめ、間接的に関わっているエクリン腺・皮脂腺を破壊し・吸引し、除去する手術方法。
切開部が小さく、患者への負担が少ない方法です。ただし汗腺の一部が残ってしまうこともあるためわきがの再発の恐れがある。完全な無臭になるのは難しいと言われている。

・ワキガ(わきが)の手術治療-マイクロリムーブ法
細いハンドピースの先端についたマイクロチップの回転エネルギーによりアポクリン汗腺を粉砕し、除去します。同時にエクリン汗腺も粉砕するので多汗症治療にもなります。大きな切開を必要としないため、傷跡がほとんど気になりません。術後の経過も比較的よいといわれる。

・ワキガ(わきが)の手術治療-電気分解法、電気凝固法
ワキガ手術における電気分解法、電気凝固法は、エステで行われている脱毛法を応用して行われ、わき毛と同時にアポクリン腺・皮脂腺を高周波電流で破壊するわきが手術です。 術自体は比較的簡単なので医師の技術に左右されることはなく、永久脱毛と一緒に治療できますが、手術中の痛みが強く、またアポクリン腺を完全には除去(破壊)できないので、再発する可能性が高い。また、エクリン腺は残すため多汗症には効果がない
とされている。
| わきがの治療 |わきがを治療しよう TOPへ|

このページの先頭へ